カジノ向け音楽の制作について

音楽は全てのカジノにとって不可欠である。音楽がないカジノは、もはや考えられないだろう。音楽はカジノにギャンブルとは別の刺激を与え、その場の雰囲気を生き生きとしたものにしてくれる。ビデオゲーム制作に音楽と派手なライトが使用されているのと同様に、カジノも派手で賑やかなものである。

音楽はかなり重要な要素となっていて、最も人気のカジノゲームであるスロットマシーンにも一種の音楽が使われている。ゲームに魂を与え、人々が興奮を求めるようにするために音楽が不可欠なのだ。カジノを歩き回ってみると、たくさんの音が周りに溢れていることに気づくだろう。スロットマシーンから硬貨が出てくる音、ウィールが回転する音、いたるところで流されている大音量の音楽などが聞こえてくる。音楽がなかったら、ただイライラして不快な場になるだろう。そこで、音楽こそが、カジノの楽しい雰囲気を作り出しているのだ。一般的にカジノゲームに使用されている音楽の音量は大きくない。しかし音楽なしでは、ゲームが何か欠けたような感じになるということをカジノゲーム制作会社はわかっているのだ。

二人のイギリス人心理学者が、機械によって制作された音楽は役立つ、ということを証明する調査を行った。著名なカジノスロットゲームの作曲家であるダニエル・リーは以前、「作曲の仕事はしばしば非常に困難になる。モチベーションとインスピレーションが作曲の重要な役割を担っており、インスピレーションを得れば得るほど、複雑な音楽ができる」と述べている。難しい課題ではあるが、カジノ音楽の制作には、スロットマシーンでお金を失った多くの人を慰める目的があるのだ。

カジノはよく、一昔前に流行した音楽をかけるという傾向がある。カジノに来る人の多くが中年で、その人たちが若い時に聞いていた音楽を流すのがいいというのは、納得のいく考えである。こうした音楽がカジノを非常に楽しい場所にしてくれるのだ。

一番よく流されるジャンルは、ガンズ・アンド・ローゼズ、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス、アイアン・メイデン、ジョニー・キャッシュ、モーターヘッドなどの、ハードロックバンドの曲だ。

多くのクラシックの音楽家が、ギャンブルについての、あるいはギャンブル向けの音楽を作っていたということはご存じだろうか。カジノでよく流されている数多くのクラシック音楽を見ると、ロシアでギャンブルが社会に与えた影響力の大きさがわかる。その例として、セルゲイ・プロコフィエフ作曲『賭博者』、プーシキンの小説『スペードの女王』を原作とした、ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー作曲のオペラ『スペードの女王』などがある。

ご存じの通り、音楽はどこのカジノでもその明るさで受け入れられている。ぴったり合ったジャンルの音楽が流れていれば、大半の人が自分を解き放つことができ、カジノの本来の目的である楽しい時間を過ごすことができる。ギャンブルはお金を稼ぐ手段としてではなく、一瞬で人生を変えてしまう可能性もある興奮する出来事として捉えられるべきだ。そう考えると、カジノは気軽に楽しめる場所だと考えられるのではないだろうか。

最後になったが、この記事を気に入ってもらえたら幸いだ。また、ギャンブルに関する他の記事もアップしていく予定なので、そちらもぜひ見てみてほしい。